住空間設計Labo(ラボ)|阪神間 明石市 神戸市エリアでの注文住宅・デザイナーズ住宅設計を行う一級建築士事務所

明石・加古川・神戸で注文住宅を扱う住空間設計Laboへの無料相談・資料請求
明石・加古川・神戸で注文住宅を扱う住空間設計Laboへの来店イベント予約
トップページ > Laboの取り組み > 誕生木(たんじょうもく) 12の樹の物語

誕生木 - Birth Tree

私たちは木の探究において、木を愛する方々から 木にまつわる様々な物語を知り得る事ができました。日本人ほど木に親しんできた民族はありません。長い歴史の中で樹種の特性に応じた使用方法が生み出され、 住宅の材料の他、生活用品に至るまで木が利用されてきました。石油化学製品の出現により人々から失われてしまったこれらを住まいづくりに携わる者の使命として、後世に残していかなければなりません。この一環として人間の誕生月ごとの樹の物語を「誕生木」として発信致します。木に親しむきっかけづくりとなれば幸いです。

あなたの誕生木は?

「誕生木」とは、生まれた月にちなんだ12の樹の物語。
ご自身やご家族の誕生月にゆかりのある樹が持つ特徴や意味を知り、例えば、お子様の誕生木を使った机など、住まいの一部としてご利用されてはいかがでしょうか。

誕生月をタップ!!

1月 松 -マツ-

松マツ科マツ属 常緑針葉樹

STORY

マツの名の由来は多くの諸説がありますが、古くから神の宿る神聖な木とされていて、神が木に宿るのを"待つ"ところから名付けられたというのがその一つです。また、正月に家々に迎える歳神(別名を「お正月さま」とも呼ばれています。)が降り立つ所として玄関先に飾ったものが門松の由来とされています。冬も緑の葉を茂らせる常緑樹であることから、昔から不老長寿の象徴とされています。

2月 胡桃 -クルミ-

胡桃クルミ科クルミ属 落葉広葉樹
別名:ウォールナット

STORY

古代ギリシャやローマでは長寿・豊饒・多産の象徴として結婚式で客に振る舞われていました。木言葉は「知性」。クルミはギリシャ語でカリヨンと呼ばれ、頭脳を意味する"カリ"に由来します。冬になり、葉を全て落とすと、黒っぽい樹皮がまるで雪のように真っ白い木肌となります。

3月 檜 -ヒノキ-

桧ヒノキ科ヒノキ属 常緑針葉樹
別名:ジャパニーズ・サイプレス

STORY

日本書紀にも「スギとクスノキは船に、ヒノキは宮殿に」とあるように古くから宮殿建設用として最適で最高の材とされてきました。その名の由来は尊く最高のものを表す太陽の「日」をとって「日の木」となった説もあります。建築材としては、その耐久性や保存性は世界最高レベルと言われ、実際にヒノキで建てられた法隆寺、五重塔や薬師寺の塔は1300年経った今も維持されています。

4月 山桜 -ヤマザクラ-

山桜バラ科サクラ属 落葉広葉樹
別名:ワイルドチェリー

STORY

その可憐で儚い姿は多くの歌人を魅了し、愛されてきました。源氏物語や古典詩歌に登場するサクラはその全てがヤマザクラです。森のとぎれる辺りなどに人知れずひっそりと花を咲かせる野生のヤマザクラには、人の手により広がったソメイヨシノの様な賑わう華やかさではありませんが、清楚で凛とした華やかさがあり、人の心を捉えます。晴れやかに上品に微笑みながら私たちに新年度の始まりを告げてくれます。

5月 杉 -スギ-

杉スギ科スギ属 常緑針葉樹
別名:ジャパニーズ・シダー

STORY

スギの語源は真っ直ぐにすくすく上に伸びることから「すぐ(直)な木」や「すすき(進木)」、「すくすく育つ木」等といった成長を表現する言葉に由来していると言われています。そのような意味合いから、端午の節句に男の子の健やかな成長や立身出世を願うのに掲げる、鯉のぼりの竿の材料としても知られています。

6月 樟 -クスノキ-

楠木クスノキ科クスノキ属 常緑広葉樹
別名:カンファーツリー

STORY

クスノキの語源は諸説ありますが、樹形が荘厳なことから神秘的・霊妙を表す「奇(くす)し」木もその一つです。映画「となりのトトロ」のトトロの棲む木としても有名なように、古来より精霊が宿る樹と言われてきました。その為、ご神木として人々の信仰の対象とされるものも多くあります。また、水や潮に強く、スギと同様昔から船の材料として使われてきました。

7月 栃 -トチ-

栃トチノキ科トチノキ属 落葉広葉樹
別名:ホースチェスナット

STORY

トチノキの名の由来は、"ト"は「十」、"チ"は「千」で十も千も実や葉を多く付けることから名づけられたと言われています。材質が柔らかく木目が美しいことから昔からそば打ちのこね鉢や杓子などに使われており、その商品価値も高いとされています。

8月 欅 -ケヤキ-

欅ニレ科ケヤキ属 落葉広葉樹
別名:ジャパニーズ・ゼルコバ

STORY

「ケヤキ」の名は「目立つ、一際すぐれている」という意味の「けやけき木」が由来と言われています。ケヤキの耐用年数は800年~1000年もあると言われており、お寺や神社を建築する際の柱として多く使用されています。京都の清水寺の舞台は78本のケヤキの柱で支えられています。また、ケヤキは和太鼓の胴の材料として最高のものとされています。

9月 朴 -ホオ-

朴モクレン科モクレン属 落葉広葉樹
別名:ジャパニーズ・ビッグリーフ・マグノリア

STORY

ホオノキの「ホオ」は「包む」の意味で、大きな葉に食物を盛ったり、包んだりしたことが語源といわれています。万葉集にも「ほほがしは」としてホオの葉が詠まれており、「かしは(柏)」は食べ物を盛る葉のことで、古代よりホオの葉が食器代わりに利用されていたことが分かります。

10月 栗 -クリ-

栗ブナ科クリ属 落葉広葉樹
別名:ジャパニーズ・チェスナット

STORY

角材や板にノミやチョウナで独特の削り痕を残す日本古来からの加工技術である「名栗」は、昔、丹波のきこりが栗材の柱に削った六角の柄が格好良いとされたことから呼ばれるようになった説があります。また、クリは日本人と縄文時代からの長い付き合いがあります。三内丸山遺跡の発掘では、縄文時代にクリの木が、食用や建築用材のために人の手により栽培され、主食とされていたことが明らかとなりました。

11月 銀杏 -イチョウ-

銀杏イチョウ科イチョウ属 落葉樹
別名:メイドンヘアー・ツリー

STORY

花言葉は「長寿」です。その由来は、イチョウが人類の歴史よりもはるかに古い、2億年以上前の古生代ベルム紀が起源といわれる古代植物だからかもしれません。氷河期も越え、現代まで生き抜いた樹木として「生きた化石」とも呼ばれ、生命力と繁栄の象徴とされています。また、イチョウは東京都や大阪府の木に指定されているように、大都市の街路樹として最も多く利用されています。

12月 樅 -モミ-

樅マツ科トウヒ属 常緑針葉樹
別名:ジャパニーズ・ファー

STORY

「時」や「時間」の花言葉を持つ美白のもみは、古来よりスピリチュアルな力があるとされてきました。人が生まれた時にモミを植えたり、死者を送る時に舌にモミの種を入れたり、墓地からの帰りには悪霊がつかないようにモミの枝で体を叩いたりと、北欧ではモミの特別な存在として人の暮らしに深く関わってきました。日本においても諏訪大社の御柱祭りで、モミが神木として扱われることは有名です。

誕生木に関するお問い合わせ
誕生樹使用に関しまして
※誕生木は、(株)Laboと(株)大五木材の共同製作によるもので、㈱Laboの商標登録です。
誕生木に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

【お問い合わせ先】


株式会社 Labo
兵庫県明石市松の内1丁目4番地13
Phone : 078-929-1551   Fax : 078-929-1857
Mail : honbu@jk-labo.com