兵庫・大阪エリアで建てる注文住宅

トップページ > 五感で感じる癒しの住まい > 癒しを表現する5つの要素

五感で感じる癒しの住まい

- 五感で感じる癒しの住まいを実現する3つのキーワード -

  • 自然とのつながり
  • やすらぎ・快適性
  • 五感で感じる

- 五感で感じる癒しの住まいを実現するための5つの要素 -

  • 外と内との
    つながりの創出
    私たちは、自然と触れ合うことで、
    心身共に癒やされます。
    四季の移ろいにより変化する陽の光や風、
    庭木など自然を身近に感じることができる住まいは、
    解放感を生み、住み手に癒やしを与えます。
  • 家族との絆を育む
    自然体で家族が集うコミュニケーションの場が、
    時にはひとりで安らぐ心地よい場にもなる。
    ひとりの人間としての独立性を守りながら、
    共に過ごす喜びを感じられる住まいは
    家族との絆を育みます。
  • ストレスの軽減
    生活・家事動線に配慮し、ストレスを感じることなく
    家事を行うことができる住まいは、
    暮らしにゆとりを生みます。
    さらに人の摂理にかなった間取りであることが、
    永く快適に住み続けるためには大切なことです。
  • 明暗の演出
    癒やしには、明かりも大切です。障子や格子を用いて、
    ほどよく明かりをコントロールする文化は
    日本人の感性を豊かにしてきました。
    ある程度の暗さが精神を集中させ、安静、休息をもたらし、
    癒やしの空間を生み出します。
  • 自然素材
    かつての住まいでは、
    自然の恵みを適材適所に生かしてきました。
    自然素材と五感で触れ合うことにより、
    知恵や感性が生まれ、物を大切にしたり
    人をいたわる事も学びます。
    自然素材は経年変化し手間もかかりますが、
    その分住まいに対する愛着も深まります。

「人にとってあるべき住まい」特別対談企画

神戸モデルハウス来場予約

Laboの家をもっと見る
設計実例
お客様の声
Laboの家づくりを体感する
モデルハウス見学
設計士に相談(無料)

お客様の声