兵庫・大阪エリアで建てる注文住宅

トップページ > 設計実例 > お住まい探訪(いごこち) > いごこちcase18 コートハウス

いごこちcase18 コートハウス

コートハウス

木の素材感のやさしさや温もりを感じるインテリアに、中庭からの風や吹抜けが落とす光、
アプローチや前庭、借景の木々など豊かな緑が調和する。
各部屋に光と風を届けるだけでなく、開放感や移ろう季節の趣を感じさせ、住み手に観る愉しみや癒しも与えてくれるコートハウス。
その一番の魅力はプライバシーを守りながら外部(自然)とつながること。
隣家や通行人からの視線を気にすることなくカーテンを全開に、雨上がりの鮮やかな葉の色や風にそよぐ枝葉の様、草花の変化などを常に身近に感じることができる。
機能性や実用性だけではない、こうした日々の暮らしが住み手を心身ともに健やかに育んでくれる。

Court side

玄関に入ると正面にドウダンツツジとアオダモが映える中庭が迎える。LDKや和室からも望める中庭は、日々家族に自然の恵みをもたらしてくれる。リビングの南側に大開口でつながる縁側と前庭は、木塀に囲まれ、外部からの視線を気にすることなく開放感を満喫できるアウトドアリビング。

暮らしを豊かにする4つの
「コート(庭)」

ウッドフェンスで囲んだ前庭に、1Fの中心に設けた中庭、洗面・脱衣室や浴室につながる物干しスペースにバスコート。
実用と観賞用、大小4つのコート(庭)を配置し、住み手に暮らしやすさや癒し、家族のつながりをもたらす住空間を実現した。

kitchenアーティスティックな箱型のキッチンはオーダーメイド。家族が手伝えるようにオープンカウンターのアイランド型にした。
和室の可動間仕切りを開放するとキッチンと一体的空間になり、家事をしながら家族とコミュニケーションがとれる。

master room / WICL寝室の前室となる書斎は可動間仕切りにより廊下と一体的にもでき、ファミリースペースとしても使える。階段上の吹抜から窓越しに見える外の景色へと一直線に視線が抜ける心地良い空間。

study roomグレーの壁紙とカーペット敷でシックにコーディネートした主寝室。
ウォークインクローゼットは敢えて扉を設けず、回遊できるように設計。
ダウンライトとフロアライトによるシンプルな照明(計画)が落ち着いた雰囲気を醸している。

物件概要データ
■ 豊中市
T様邸
■ 敷地面積:
230.43㎡(69.70坪)
■ 1階床面積:
72.87㎡
■ 2階床面積:
54.86㎡
■ 延床面積:
127.73㎡(38.63坪)
Laboの家をもっと見る
設計実例
お客様の声
Laboの家づくりを体感する
モデルハウス見学
設計士に相談(無料)

お客様の声