兵庫・大阪エリアで建てる注文住宅

トップページ > 会社案内 > スタッフ紹介 > 坂根 良介

設計士紹介

坂根 良介

坂根 良介

Sakane Ryosuke

家づくりとは最高の人生の“名脇役”づくり
趣味・特技バスケット・ゴルフ・空手
好きな時間スポーツをしている時
case80 心地よい静けさに包まれて
中学生の時、人生ゲームの職業でなりたかったタレントになれず建築家になりました。建築士という職業を、初めて意識したのはその時です。
それからしばらくして、知り合いの建築士の方が夢半ばで自殺をしました。建築業界の厳しさを知った一方で、人生をかけるだけの魅力がある職業なのだと思い、自分はその道で生きていこうと決めました。高校卒業後は建築の専門学校に通い、大阪の設計事務所で5年間勤務をしました。設計事務所では、学校やオフィス、駅の施設や街のイルミネーション等の大規模なものを設計しました。そこでは、不特定多数の方が統計的にとるであろう行動を推測し、設計を行っていましたが住宅設計には、実際に使われる特定の方の要望や夢を形にできる楽しさがあると思いLaboに入社しました。

脇役に徹する
家に限らず「建築」とは人・物・空間を生かす脇役であると思っています。主張しすぎない、人が住みやすく、周囲の景観を崩さないことが前提であり、そうして主役を引き立てながらも“この建物いいな”と思われる、そんな名脇役のような建物を設計できるよう心がけています。

■自身の設計実例■


my-design!!心地よい静けさに包まれて



■休日の過ごし方は?■


チームを作って、フットサルやバスケットをしています。(※フットサルのロゴやユニフォームは自分でデザインしました。)
他に、子供の頃から空手を続けていたり、ゴルフでコースを回ったりと色々なスポーツで汗を流しています。
Laboの家をもっと見る
設計実例
お客様の声
Laboの家づくりを体感する
モデルハウス見学
設計士に相談(無料)

お客様の声