兵庫・大阪エリアで建てる注文住宅

トップページ > 会社案内 > スタッフ紹介 > 大塚 克敏 

設計士紹介

大塚 克敏 

大塚 克敏 

Otsuka Katsutoshi

1972年6月生 A型

家づくりとは創意工夫
趣味・特技ゴルフ
好きな時間設計デザインを考えている時
case84 借景を活かした中庭のある住まい
case74 暮らしをワクワク、外とつながる土間のある家
case30 ハコ×ナカニワ×デッキ
case88 都心でネコと暮らす
case64 お気に入りの素材でインダストリアル感を楽しむ住まい
造園業を営んでいた父の仕事を小さな頃から手伝っていたことが、今の仕事をする原点につながっています。溶接免許を持っていた父は、倉庫を造るにも鉄骨の柱を立て、壁を張り、ペンキを塗る。一連の作業を通して、モノづくりって楽しいなと思うようになりました。当然、実家の庭造りの手伝いも。石を配置し、樹を植え、池を造る・・。生まれたての姿と経年変化した姿を想像しながら、木の相性を選び、開花や紅葉を計算した上で、父は造園に望んでいました。一見、住宅とは関係がないようですが、共通するところがあります。造形美はもちろん、将来の生活や家族構成の変化などを見越して設計提案させていただくことが設計士の役目と思っています。

より豊かな空間を
Less is more(少ないことはより豊かなこと)、これはドイツの建築家、ミースファンデルローエの有名な言葉ですが、現代においても理想的な考えであると私は思っています。特にインテリアにおいては、扉や窓の枠、壁の縁廻りに多いのですが、工業製品からくる不要な線をできる限り上手に省き、引き算のデザインを取り入れる方が、より豊かな空間に仕上がることを過去の経験から学びました。一歩間違えると安っぽくなりますが、この非常に繊細な部分を極めていくと空間の印象はぐっと変わります。シンプルイズベストという言葉で表現されるように、私たちの身の回りをみても家電や家具、iphoneなんかはどんどんシンプルになっています。空間内に所狭しといろいろな機能を詰め込むのではなく、必要な機能と豊かな空間をデザインできるよう心掛けています。


■自身の設計実例■


my-design!!ハコ×ナカニワ

my-design!! grayish

my-design!! tool box

my-design!! make use of shakkei

my-design!! Rustic Living Rooms

my-favorites!! 自力撮影、ファンズワース邸


■休日の過ごし方は?■


暑い時期には涼しい所へ、寒い時期には暖かい所へ1年中ゴルフをしに駆け巡っています。コースも美しく、難しく、いろんな設計があり勉強になります!罠にはまってばかりですが(笑)。現在、こだわりの愛棒とともに大会を目指し修行中!沖縄はティーマークがシーサーで可愛かったです。
my-favorites!! 愛棒、スコッティキャメロン

my-favorites!! シーサーのティーマーク
Laboの家をもっと見る
設計実例
お客様の声
Laboの家づくりを体感する
モデルハウス見学
設計士に相談(無料)

お客様の声